忍者ブログ
Hot Eggs in Drama~表裏一体されども厳然たる裏(H19.1.15~)
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アカギの22巻と
絶望先生の16集(DVDつき限定版)

アマゾンの受け取りを
基本コンビニにしているのですが・・・

いいかげん手際よく渡してほしいものです。

アマゾンからのお知らせだと
たしか身分証名称の提示を求められるはずなんだが

いままで一度も提示したことないぞ(笑)




PR
www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2009020302000129.html

というか浜崎がDBの実写映画のタイアップ曲歌うのかよ。

というか実写版、日本で公開するのかよとか


他の部分で驚いたりする。


アニメでいうところの『Z以降(無印以外)』の評価って
日本じゃ低評価な人多いよなぁ。
PK2009020302100026_size0.jpg個人的には『週刊連載で読んでナンボ』って感じです。)
『海外で撮られたDB』という意味においてのみ興味はあるけど・・・。


吹き替えの悟空は山口勝平かよ
「一度枯れた花は二度と咲くことはない…人も鳥も虫も…光り輝く星さえも、命はたった一度だけのもの… 死んでしまった人間を生き返らそうと願った僕が間違っていたのだ………」 (by琴座のオルフェ)


SJでのリンかけが最終回を迎えて
ついにチャンピオンで『車田星矢』の本格連載が始まりますね。





それにしてもロストキャンバスがそろそろクライマックスというところなのに
よくもまぁ同じ聖戦を描く(はずの)NDをぶつける気になりましたね。
個人的には
ダルビッシュ対村田兆治(マスターズリーグ)を2009年にやっている感じです。

リンかけの最後のほうを見ていて、
今の車田正美にどこまでやれるのだろうか・・・というか
LCとの直接対決とかねーよ、というか
むしろ天界編の続きかいておけとか
でもゼウス編(カオス編)って同人誌であったよなぁとか





いろいろ複雑な心境です。

チャンピオンはバキが2本に星矢が2本という異様な漫画雑誌になりますね(苦笑)

『聖闘士星矢 ロストキャンバス』11巻
『アイシールド21』31巻

アイシールドのほうは連載で案の定の『日本代表』編ですね。
ヒル魔の父親(?)どう絡める気なんだ?


ロストキャンバスは
相変わらず黄金愛にあふれていますね。
どちらかというと青銅のほうが好きなのですが

「聖闘士はシオンと童虎以外全滅」なんて括りがあるのですが
それゆえに黄金連中の戦いの死に様をいかにみせるかに力入れてますねぇ。


山羊座の男っぷりがすごい
『アカギ』21巻
『おおきく振りかぶって』11巻
『超アレ国志』あたり・・・



三国志の赤壁の戦いを題材にした『レッドクリフ』が公開になりましたね。
美周郎が主役って時点で少し気が引けるのですが

DVDになったら観てみましょうか・・・。

蒼天航路のテレビアニメ化はどうなるんでしょうねぇ

横山以降の本格三国志マンガの最高峰だとは思いますが
『蒼天がスタンダード』といわれると
それは違うよなぁ・・・みたいな複雑な印象があるので
不安のほうが大きかったり・・・


というか横山光輝ってやっぱり偉大なんだよなぁ
今週のチャンピオンのロストキャンバスから
蠍座が本格始動(顔見世はしてたけど)

水瓶とは親友って設定はフル活用する気なのね。
そこらへんのLCの『同人っぽさ』がどう転ぶかなぁ

いいほうに転ぶと面白そうだけど


これでゴールド12人で未登場は双子座と獅子座
13人って可能性も否定は出来ないが・・・(苦笑)


双子はとにかく最後まで引っ張りそうだというのは
わかるんだが

獅子のほうは本気で忘れられていそうで怖い(苦笑)
そもそも射手座が健在の世界で獅子なんてどうよ、というか・・・・



動画は手書きMAD『マサルさん』+『星矢』です


40周年って事でキン肉マンなんか読み切りで載せたんだな。
キャプ翼もそのうち読み切りがあるらしいが・・・


いま続編を普通に他紙で連載しているものをジャンプに載せたって
ありがたみもねーだろ、と思う。


動画はテリーマンのテーマ『テキサスブロンコ』
マウンテン戦後の「夕陽の帰還」はアニメキン肉マンでも屈指の名シーン
ビークルが歌うアニメ版BECKの主題歌です。

月刊マガジンでBECKの連載が終了しましたねぇ。


「1度登った山をもう1度登る」みたいな感じのマンガでしたが。

うーん・・・・最初のグレイトフルサウンドのテンションがすごすぎたかなぁ・・・っていうのが今の感想。
とあるジャンプのデータベース的サイトで
自分がはじめてカネだして買ったジャンプに何が載っていたのかを調べてみた
(これより前から普通に読んではいた)


1986年16号掲載順に括弧の中は覚えている範囲で内容。
自分が小5の春ですねー


■キャプテン翼:高橋陽一 
(ヨーロッパ遠征編で翼抜きの全日本がシュナイダーにフルボッコにされるあたり)
■銀牙-流れ星銀:高橋よしひろ
(赤カブトの首チョンパ)
■ドラゴンボール:鳥山明
(たぶんムラサキ曹長のころだと思う)
■北斗の拳:原哲夫・武論尊
(ケン対ラオウのころかなぁ)
■キン肉マン:ゆでたまご
(キン肉マン対サタンクロス・・・だとおもう)
■赤龍王:本宮ひろ志
(張良初登場のあたりかな)
■シティーハンター:北条司
(おぼえてねーや)
■アニマル拳士:やぎはし正一
(唯一作品自体覚えていない)
■聖闘士星矢:車田正美
(星矢対紫龍です。新連載3ヶ月目、実は結構やばいポジション)
■ハイスクール!奇面組:新沢基栄
■ついでにとんちんかん:えんどコイチ
■魁男塾:宮下あきら
(独眼鉄のヨーヨーに富樫が乗っかる前後かなぁ)
■きまぐれオレンジロード:まつもと泉
(恭介が優柔不断・・・っていつもか)
■こちら葛飾区亀有公園前派出所:秋本治
■超機動員ヴァンダー:桂正和
(ウイングマンの二番煎じはまずかったって奴ですね)
■うわさのBOY:みやすのんき
(みやすのんきってことは当然ああいう路線)


この約半年後「空のキャンバス」連載開始
9ヵ月後「ジョジョ」連載開始
1年後「山下たろー君(2回目)」連載開始です。

つーかね、今でも内容覚えていて自分でもビックリ(笑)
そもそもどの号のジャンプをはじめて買ったかはっきり覚えていたことにビックリ

売り上げ的には黄金時代前夜なんでしょうけど
個人的にはこのラインナップはものすごいなぁ

ジャンプ、マガジン、サンデーはほとんど印象なし。

で、チャンピオン 。
『バキ』に喧嘩師・花山薫が帰ってきた!

スピンオフが連載終了になったので 戻ってきたのだろう。

これは意外だった・・・ そして楽しみである。


どれくらい楽しみかというと
『来シーズンウッズが抜けたあとのドラゴンズに山崎武司がイーグルスから移籍してきた』
くらいの衝撃の楽しみである。



 あんまり楽しくないかも・・・
どうせあの原始人にやられるんだろうなぁ・・・



あと星矢LCはカプリコーンのジャンピングストーンを返し技ではなく
蹴り技として描きましたな
2対1で押し込むあたりが聖闘士らしくないという気はするが

原作も神と相対するとは5対1のゴリ押しだったしな(苦笑)
時計
カウンター
きょうの武将
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今月の出来事
プロフィール
HN:
MegaDra
年齢:
41
HP:
性別:
男性
誕生日:
1975/08/04
ブログ内検索
最新CM
[03/04 完治]
[03/03 完治]
[03/03 完治]
[01/28 三十郎]
[12/31 三十郎]
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © TIHAGEM!! All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]